FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ポケットモンスタースペシャル 2章





2章のあらすじ 

 ここ2年はポケモンリーグの優勝者として、全国の腕に自信のあマサラ出身の3人の少年少女のポケモントレーナーがロケット団を壊滅させてから、2年の時が流れた。あれから何事も無く皆がただ平和にすごしていたとき、前回の第9回ポケモンリーグで優勝したレッドが行方不明になったるトレーナー達の相手をする生活が続いていたため、周囲はいつもの事だと思い誰も心配する者はいなかった。しかし、戻って来たのは傷だらけになった、ピカ(レッドのピカチュウのニックネーム)1匹だけだった。
そこへ、さらにレッドの知り合いと名乗る黄色い麦藁帽子の少年が
現れた。彼の名前はイエロー・デ・トキワグローブ。彼は、トキワの
森で10年に一度生まれて来る、ポケモンの心や記憶を読み、傷を癒す
不思議な力を持ったトレーナーだったのだ。
彼はピカを連れて行方不明となったレッドを探す旅に出た。そして、
レッドの行方を知るジムリーダーをもしのぐ実力者、四天王の将
ワタルと接触。彼もまたイエローと同じトキワの森の能力者であった。彼らの目的は、ポケモンの理想郷のための土地を手に入れること。
さらに、その世界を作るために邪魔な人間を滅ぼすことだった。
果たしてその先に待つ未来とは、人間がポケモンを苦しめ続ける
世界か? 四天王により人間が滅ぼされたポケモンの理想郷か?
それとも、人とポケモンが共存する世界か? その時レッドは、
そして、イエローの秘めた想いとは……!? 
世界の未来は二人のトキワの森の能力者にゆだねられた……。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。